Showrooming と Webrooming

Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィーク明けくらいに、ずっと連載をさせて頂いている ITPro のコラムの方で、Deloitte Digital が発表したレポートについて言及してみた。いや、コレが結構面白い、というか非常に示唆に富む内容だったので。

O2Oは次のフェーズへ、実店舗での購買行動の変化が呼び水

コレによると、「2013年、米国内における実店舗による売り上げの36%は、デジタルの影響を受けたものである」なんてあったりする。つまり買いたい商品の詳細情報を調べてみたり、ほかの商品と比較検討してみたり…、といった、いわゆる情報収集や意思決定をするために、オンラインを活用するという感じ。

最近 (いや、そんなに最近でもないか…) だと、こういう動きを “Showrooming” に対して “Webrooming” と呼んでいたりする。自分の足で店内を物色して回るのではなく、web 上で物色するから Webrooming。ちなみに Showrooming は、実店舗で、モノを見た後に (この場合) Web 上で買うというモノ。

で、今回 Webrooming に関して、U.S. のリテール系のマーケティング会社の、Interactions というトコロが、色々と調査をした結果が公開された、というハナシが出ていた。

Mobile Shoppers Still Heading to the Stores

ちなみに、Interactions から出ているプレスリリースがこちら。

WEBROOMING NOW POPULAR AMONG 88 PERCENT OF SHOPPERS

要はインターネット ユーザーであり、shopper でもある消費者の 88% は、オンラインで商品の情報をあれこれと調べて、最終的には実店舗で買っちゃう、つまり、Webrooming をしているというハナシ。で、この Webrooming でやっているコトというのが、

  • 最安値の検索 : 75%
  • 商品の比較検討 : 72%
  • 商品詳細情報の検索 : 71%

というコトらしい。たしかに “最安値の検索” なんて、Webrooming ならでは、というコトだろうね。自分の足で最安値で売っている店舗を探し回るにしても限界があるわけだし。

で、一方 Showrooming、つまり実店舗で色々と見て回って、Web で買う、というコトになると、一番多かった回答が “自分で直接商品を触ってみたい” というモノ。当たり前か…。後は、こっちにも “最安値の検索” ってのがあったりして、ソレはソレでちょっと驚いたのだけれども。そして “店員にあれこれと訊く” というのもあったりする。

あと面白かったのが、”オンラインで買い物をする時の上限金額” という質問。

上限金額を $250 よりも低い人が、全体の 70% 以上いて、ソレより高かったら実店舗で買っちゃう、というコトらしい。ちなみに、上限金額 $25 で、ソレ以上は実店舗で買う、という人も 20% くらいいたり。

あと、これだけ E-Commerce があちこちで利用されているとはいえ、30% 以上の人は、オンライン上でクレジットカード情報等のやり取りをするコトに不安を感じているというのがわかったり。あるいは、どんなモノが実店舗でよく買われているのか、というのがわかったりと、あらためて現状をざっくりと把握するにはいいデータかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です