Lou Donaldson を聴いてきた @ Blue Note Tokyo

Pocket
LINEで送る

YOMIURI ONLINE の “新おとな総研” で、 “ジャズ定番入門” というコラムを書かせていただいて、3 年以上経った。

たしか初回に取り上げたテーマが “ライヴ盤” 。自身がどうしても記したかったのが、Birdland での Art Blakey のライヴ盤だった (当時は、まだ “Art Blakey Quintet” で、 “Jazz Messengers” になる前)。「好きなアルバムを挙げろ」と言われたら、迷わず、コレをピックアップするほど大好き。


“コンプリート・バードランドの夜 Vol.1″ (アート・ブレイキー, ピー・ウィー・マーケット)

そう、Pee Wee Marquette の、あの MC から始まり、1 曲目の “Split Kick” が始まる。テーマが終わって、Lou Donaldson のサックス ソロに移り、ソコから Clifford Brown にバトンタッチされる…。ココまでが、約 3 分 30 秒。前述のコラムで、

何も考えずに、このアルバムを最初から 3 分半聴いてみてほしい。この 3 分半にジャズのライブ、いやジャズそのものの魅力が全て凝縮されている。

と記したのだけれども、それだけ Lou Donaldson の存在は大きいと思うわけで。

で、そんな Lou Donaldson が Blue Note Tokyo に来た。ちなみに、この Art Blakey の “Live At Birdland Vol.1″ が発売されたのが 1954 年のコトだから、今からちょうど 60 年前。その当時から現在に至るまで第一線で活動しているというコトだけでも十分にスゴい。御年 87 歳。

もう、ステージに上るまでの足取りとか、ステージ上での立ち居振る舞いは、どう見ても「いいおじいちゃん」なんだけれども、音は全く違う。良い感じで枯れきっているんだけれども、音の芯はぶっとくて、存在感ありまくり。ダブルリップで、かつ、よほど力を入れずにマウスピースをくわえているせいか、高音域が上がりきらずにひっくり返るコトも多々あったのだけれども、そんなのどうでもいいくらい存在感のある音。「あー、 “Alligator Bogaloo” って、やっぱり、こういう音で吹かないと、ものすごーくカッコ悪いよなぁ…」というのがよくわかる。


“アリゲイター・ブーガルー” (ルー・ドナルドソン)

ちなみに、 “Alligator Bogaloo” は、ちゃんと演奏したんだけれども、テーマだけで本人はソロ無し。さすがに高齢であるコトを考えると、1 ステージずっとイケイケでは吹けないよね。でも、ちゃんと周りのメンバーに暴れてもらうトコロ、自分が (少しだけど) ソロ取ってみるトコロ、その辺りのさじ加減がすごく絶妙なのは、やはり経験があってこそなんだなぁ、と思うわけで。

今回の編成は、Lou Donaldson に加えてギター、オルガン、そしてドラムのカルテット。編成だけ見ると、かなーり funky かつ bluesy なコト演るのかな…、と思っていたのだけれども、いきなり MC で “今日はコテコテにジャズ演ります” と言って、ホントに be bop やスタンダードを演ってたのは、ある意味面白かった。

ステージそのもの、というか、演ってる音楽は、もう “ベタなモダンジャズ” としか言いようが無いくらい古い。それこそ、一歩間違えたら大学のジャズ研とか、あっちこっちでやってるジャムセッションで演ってるコトと変わらない。つまり “伝統芸能” 的なジャズ。でも、Lou Donaldson が吹いてると、なぜかカッコいい。 “What a Wonderful World” とか “Bye Bye Black Bird” といった、いわゆる “どスタンダード” を、「これでもか」というくらいベタに、何のひねりも無く吹いてても違和感を感じないどころか、むしろカッコ良く聴こえるサックス奏者なんて、どれだけいるのだろう?

なんというか、古いんだけれども、いつまでも残っていてほしいし、演り続ける人がいてほしい、そんな音楽。ただただカッコよかった。

2 Comments

  1. ごんべい

    ただただ(分かりやすく言えば)伝統芸能的な演奏をするのでも、
    貴方が考えるよりも大変だと思いますよ。

    ルー・ドナルドソンの演奏はまた、別だとして。

    • gosuke

      もちろん、自分自身が、まさに、ソレをシゴトにしていたコトもありますので、大変だというのはよーくわかっておりますよ。
      そのあまりの大変さをシゴトで感じているからこそ、ただただ素晴らしく感じたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です