U.S.のマルチデバイス事情を表したインフォグラフィック

Pocket
LINEで送る

最近、infographics の紹介ばかりしているような気がする、このブログなのだけれども、また面白そうなモノを見つけたので、メモ代わりに。

Drawbridge Cross-Device Fact Sheet

モバイル デバイスの 2 台持ち、3 台持ちが珍しくなくなった今、その動向をあらためて調査してみたものらしい。

たとえば「 “マルチ デバイス” なユーザーの、約 60% は、iOS なら iOS、Android なら Android と、そのプラットフォームを揃えている」とか。で、「女性で “マルチ デバイス” な人の 70% 近くは “iPhone + iPad” の組合わせだ」とか。ちなみに男性だと “Android 同士” という組合わせが一番割合として高いらしい。

あとは U.S. だけのデータだけれども、iOS と Android、それぞれ、どの地域でユーザーが多そうなのか、というのも、めちゃくちゃざっくりだけど描かれていたりする。たとえばサンフランシスコだと “マルチ デバイス” な人の半分は “iPhone + iPad” の組合わせだとか。

で、ホントかどうかわからないけれども、内陸部になると Android ユーザーが多いような感じ、だとか。

データとして役立つかどうか、非常に微妙ではあるものの、ほんのネタ程度に。

タバコに関するインフォグラフィック

Pocket
LINEで送る

ふと、色々と眺めていたら、タバコに関する infographics を見つけた。Aljazeera が作ったモノらしい。

Infographic: The business of smoking

コレ、世界で一番タバコを作っているのが中国で、全体の 43% も作ってる (2009 年) とか、でも、ほとんどが国内消費 (って、みんなどんだけ吸ってんだろう…) だとか、そういうデータなどがわかるようになっている。

ちなみに、1970 年代、U.S. では、国民 1 人あたり3,985 本のタバコを年間に吸っていたというコトらしいのだけれども、コレが 2009 年になると 1,376 本まで落ちているそうな。ちなみに EU 諸国でも、1990 年から 2009 年の約 20 年間で 26% も消費が下がっているらしい。

まぁ、あれだけ吸える場所が制限されて、かつ値段もバカ高くなってしまったら、そりゃぁ喫煙人口も激減するよなぁ…、と。タバコ 1 箱の値段が、日本のソレとはまるで比較にならないし。ちなみに、EU の場合、あんまりタバコの値段が上がってしまったから、手巻きタバコにシフトする喫煙者が急増したらしい。こんな感じのヤツ。

4 か月ほど前に London に行った時 (この時は、まだ禁煙してなかった)、ちょっとした Glossary でタバコを買おうと思ったら、日本よりもはるかに高い Marlboro や Camel に混じって、やたら安い (それでも日本の感覚だと高く感じるんだけど) タバコが置いてあったので、ソレを買って、パッケージを開けてみたら、袋に詰まった刻みたばこと、50 枚くらい束になったペーパーが入ってて、一瞬何をしていいのか、よくわからなくなったコトがあったっけ…(ソレでも頑張って吸って、おかげでだいぶ手巻きタバコのコツがわかったけれど)。

そうそう、この infographics には、日本のデータも少し入ってて、実は喫煙人口ってインドネシアとあんまり変わっていなかったり。国の人口はインドネシアが日本のほぼ 2 倍くらいなんだけど。

というコトで、ふとしたコトで禁煙して 2 か月。なんとなく目に入ったので、ふと書いてみたのでした。