Smartなんだけど住みづらいのかもしれない東京

Pocket
LINEで送る

そういえば、Business Insider に、こんな記事が載っていた。

The 20 Best Cities On The Planet

まぁ、時々見かける “世界の住みやすい街ランキング” 的なモノなのかな? 元記事だと “The Smartest Cities” という言い方をしているから、決して “住みやすい” という点のみを評価軸にはしていないと思うのだけれども。で、この 20 の都市の中で選ばれているのは、ヨーロッパの中から 10。U.S. が 6、そしてアジアが 3 で、あとオセアニアが 1 。

U.S. から 6 都市もピックアップされているあたり、すっごく U.S. 贔屓というか、U.S. でまとめられたデータかな…、と思ったら、実はスペインだったり、というのにちょっと驚いたけれども。ちなみに、スペインの都市ももちろんランク付けされている。バルセロナは 51 位らしいのだけれども、2 年前の 63 位からの大幅ランクアップというカタチで紹介されている。

一応 135 の都市を対象にランク付けしていて、アジアからは東京、大阪、ソウルが入っていた。で、東京が 1 位で大阪が 8 位。ちなみに、2 位以降はロンドン、ニューヨーク、チューリッヒ、パリの順。

このランキングは、Cities in Motion Index というのがベースになっていて、50 以上の指標を 10 の評価軸で見て総合評価を出しているモノなのだけれども、その 10 の評価軸というのがこちら。

  1. Governance
  2. Public Management
  3. Urban Planning
  4. Technology
  5. The Environment
  6. International Outreach
  7. Social Cohesion
  8. Mobility and Transportation
  9. Human Capital
  10. The Economy

それぞれの評価軸の定義は、こちらに書いてあるので、気になる方は是非 (もちろん英語だけど)。

結論から言うと、東京は “Human Capital” と “Economy” 、そして “Public Management” はずば抜けて高い評価。あと “Mobility and Transportation” も。

で、一つだけ (少なくともランキング上位の都市の中では) ダントツに低い項目があって、ソレが “Social Cohesion” 。定義を見ると、

Concern for the social environment requires an analysis of immigration, community development, care for the elderly, inequality, health system efficiency, public safety and more. Eindhoven is the most socially cohesive city.

と書いてある。なんか、コレだけ見ると “Smart なんだけど、実は住みづらい” という印象なのかも。

ちなみに、各都市が、どういう評価になっているかは、以下のリンクから見るコトができるので、自分が行ってみたい (住んでみたい) 街が、どうなっているのかを見てみるといいかも。

Cities In Motion Index 2014