イギリスだと、テレビ観ながらSNSやるヒトは、それほど多くないらしいというハナシ。

Pocket
LINEで送る

ちょこちょこと調べ物をしていたら、面白いデータが目に入ってきた。なんでも、U.K. のネットリサーチ会社の YouGov が行った調査らしいのだけれども、 “Connected Devices 2014″ というのがあるらしい。

で、この中で「テレビを観ている時に SNS を使っているか?」という質問があって、ソレに対して “Yes” と回答したユーザーの割合は、全体の 27%。3 割満たないという結果が出たらしい。年齢層で見ても、一番 “Yes” の比率が高かった 16 〜 24 歳で、42% と半分未満。25 〜 39 歳で 37%。あとは年齢が上がるにつれ、どんどん “Yes” の比率が下がっていくという感じ。

で、もう一つ、コレに似たような調査を Harris Interactive が U.K. のユーザーを対象に行なっている。こちらは Twitter に関して。YouGov の調査は「テレビを観ている時に SNS を使っているか?」という質問だったけれど、Harris Interactive の方は「テレビを観ていて、その内容をツイートするか?」という質問だったりする。コレに対して “Every time” 、 “Regularly” 、 “Now and again” 、そして “Never” の、どれに当てはまるか、というモノなのだけれども、 “Never” と答えたユーザーが全体の 70% いたらしい。 “Now and again” で 21%。要は、テレビを観ながら、そのテレビの内容を頻繁にツイートするユーザーは、ごくごく少数派らしい、という結論でまとめられている。

まぁ、たしかに、単純に、この 2 つの調査結果を、そのまんま合わせたら「U.K. の SNS ユーザーは、テレビを観ている時に、あんまり SNS はやらないらしい。ましてや Twitter で、番組内容の Tweet するヒトなんて、ほとんどいないらしい」という感じに見えるよねぇ。実際には、この 2 つの調査結果って、別に同じヒトを対象にしているわけではないし、調査時期も微妙に違うので、なんとも言えないけれども。

で、仮に U.K. が、そういう感じだったとして、次に気になるのは「じゃぁ、他の国だと、どうなるんだろうね?」というハナシ。特に日本とか、どうなんだろ。よく「テレビと Twitter の相性はいい」って言われていたりもするけれども、そのへん、ホントのトコロ、どうなんだろ? と疑問に思ってしまったりもするわけで。

ちょっぴり気になるテーマなのでした。