テレビは観ないけどコンテンツにおカネを払うヒトのハナシ (U.S. のハナシ)

Pocket
LINEで送る

前回書いた “BBC のインフォグラフィックのハナシ” と少し関係ある、というか続きになるようなモノかもしれないハナシ。

1 週間くらい前の AdAge に少し気になるハナシが出ていた。

These Are the TV Shows More Popular Among Cord-Cutters

ちなみに “Cord-Cutters” というのは、ケーブル テレビなどを解約して、インターネット上で動画を試聴する方向に切り替えたヒトたちのコト。つまり、この記事は、いわゆる Cord-Cutters と呼ばれているユーザーたちは、ほかのインターネット ユーザーよりもテレビ番組を観ているというハナシ。もちろんテレビで観るわけではなく、オンラインで観るというコトになるのだけれども。

コレは Experian Marketing Services で実施した調査結果らしいのだけれども、Cord-Cutters がよく観ている番組のほとんどは、 “Traditional TV” 、つまり別にケーブル テレビや衛星放送の契約などをしなくても観られるモノらしい。

ただ、この中には番組そのものとか、あるいはシリーズ全体を観ているわけではないヒトも少なからずいるみたいだし、また、 “クリップだけ” 観ているというユーザーもカウントされているらしい。

でも、逆に考えれば、ショート クリップのような短いカタチにして、手軽に観られて、かつシェアしやすい環境を提供するコトで、Cord-Cutters たちを中心に番組そのものの認知を大きく高めるコトができるのではないか、とも考えられているようで。

あとは、Hulu とか Netflix に流れているというハナシもあるらしい。実際 Cord-Cutters がよく観る番組の上位 15 番組のうち、12 番組は Hulu で、そして 8 番組は Netflix で視聴可能だというコトだし、今回調査に回答した Cord-Cutters の 18% は、Netflix か Hulu のアカウントを持っているとのコト。

とはいえ、Cord-Cutters が軒並み Hulu や Netflix に流れているというコトではなく、むしろ Cord-Cutters は “TV局の Web サイト” をよく訪問するという結果が出ているのが気になるわけで。さらに言うと、YouTube を観ているユーザーの割合は、もっと少なくなるというのも気になるトコロ。

コレに関して、調査を行った Experian は Cord-Cutters を “people who have broadband internet subscriptions but not cable or satellite TV subscriptions” 、つまり「ブロードバンド インターネットでの (コンテンツ配信の) 購読契約を結んでいるけれども、ケーブル テレビや衛星放送を契約していない人」という定義にした方がいいのではないか、とコメントしている。もともと Cord-Cutters って、単に “ケーブル テレビや衛星放送の契約をやめた人” と言っていたのだけれども、実際にはちゃんとおカネを払ってコンテンツを視聴しているからだ、というのが理由。

自分の観たいコンテンツ “だけ” を、自分が観たい時に、自分が観たいカタチで視聴する、というためであれば、きちんとおカネを払う、というコトなのかもしれないわけで。あまり興味の無いコンテンツも含めて、subscription におカネを払うのはイヤで、かつずっとテレビの前にいるというのもイヤだ (もしくは、そもそも、そんな時間が無い)、というコトなのかもね。

・・・と、まぁ、コレはアメリカでのハナシなのだけれども、日本はどうなんだろう、というのをふと感じてしまったわけで (個人的には、ちょっと違うのかもなぁ…、と思っていたりする)。