枕と肩こりと頭痛

Pocket
LINEで送る

そういえば、生まれてこの方 40 年。頭痛というモノに、あまり悩まされたコトが無かったような気がする。いや、まるで無いとは言わないけれども、大体アタマが痛くなったとしても、小一時間程度で治まるような感じだったので。

そんな自分が、まさに初めてと言ってもいいような感じで “頭痛に悩まされる” という状況にあった 1 週間。とにかく、最低限の日常生活 (含 シゴト) を、なんとかこなすだけでも大変なくらい、ひたすらアタマが痛い、という日々は、まさに自分にとって未体験の世界。

ソレは例えて言うなら、緊箍児を締め付けられた孫悟空状態。しかも、側で緊箍呪を唱えていたハズの三蔵法師が、突然どこかに行っちゃって、そのまま忘れられた状態で戻ってこないまま、ずっと 1 週間ほど経過してしまったような、そんな感じ。

当初、アタマの左半分を思いっきり刈り上げてしまったので「髪のバランスが狂ったからだ」とか「アタマの左半分だけ、やたら冷えたからだ」と言われていたのだけれども、そのうち「タバコやめたからだ」とか「急に健康的になろうとしたからだ」とか、はたまた「ベイスターズが連敗しているからだ」とか、様々な説が飛び交い…。

ただ 1 週間近く続くと、さすがに「トシもトシだし、どこかヤバいんじゃないか」とか「一度病院できちんと診てもらったほうがいいんじゃないか」となり、土曜日 (原稿書く時間をずらして) 病院へ。

結論から言うと、別に脳には問題は無かったみたい (まぁ、問題があるとしたら、別な意味であるのだろうけれども…)。いわゆる “緊張性頭痛” だろう、というコトで落ち着き、薬を処方してもらう。

こんなの。

MAX_DT_CS_PH.jpg

“マクサルト” というそうな。

ずいぶんいっぱい入っているように見えて、実は、コレで 3 錠という、大仰なパッケージ。

とはいえ、コレを処方してもらったものの、実際ほとんどお世話になっているわけではなく、単に肩やら首やらを丹念にマッサージして血行を良くしたコトで、だいぶ症状は改善。ちなみに、かなり症状が悪化したのは、どうやら枕のせいらしい…。

ここ 2 〜 3 週間、新しい枕を使っていたのだけれども、コレがどうやら、相当カラダになじまなかったみたい。

結局、合わない枕で何日も過ごしている間に、徐々に首やら肩やらの血行が悪くなり、ヒドい頭痛に発展したような…。

というわけで、何気に枕って重要だったり。しかし、今までは、どこに旅に行こうが、どんな枕だろうが、普通に寝られたんだけどなぁ…。