結局 5 年経っても変わってないわけで。

Pocket
LINEで送る

ふと、徳力氏の書かれていた、この文章を読んで思ったコト。

タダで使い倒すソーシャルメディア:ソーシャルメディアの価値を生かすには、まずはマスメディアでできないことから

「タダで使い倒す」というフレーズについて、個人的には色々と思うトコロがあったりするのだけれども、今回は、そういうハナシではなくて…。

この文章をひと通り読ませていただいた後で思ったのは、「コレ、4 – 5 年くらい前から、あんまり、というか全然変わっていないよなぁ…」というコト。4 – 5 年前といえば、ようやくソーシャル メディアなるモノを使いはじめる企業がちらほらと出て来るようになった頃かな? 当時からずっと「いや、ソーシャル メディアってマスメディアと同じように考えてちゃ、何も上手くいかないから…」とか「せっかくヒトが何言ってるのか (少しは) わかる環境があるんだから、何言ってるかを見るくらいしてみようよ…」と、氏は語っていたっけ。自身も、全く同じように考えていたし、またあちこちで (時には一緒の場で) 能書き語っていたりもしていたっけねぇ…、というコトを思い出したわけで。

なんというか、もう、ホント、このくだりに尽きるよな…、という感じ。

ソーシャルメディアという言葉が日本のマーケティング業界で頻繁に使われるようになって、もう5年が経過しようとしているが、いまだにソーシャルメディア活用というと「公式アカウント」を開設し、維持し、ファンやフォロワーをマスメディア並みに増やすことを目指すことが目的だと勘違いしている人が多い。

さすがに、今は「公式アカウント」を開設した、という事実だけで、ソレがプレスリリースのネタになるというコトは無さそうだけれども (当時は、嬉々としてリリース出していた時代だったのよ。マジで)。でも、未だに「公式アカウント」を開設して、ソコで云々…、というのが目的になっているのは変わらなさそうで。

ソレこそ「中の人」がいて、一生懸命色々なネタを考えて…、という、いわゆる「中の人」の “チラシの裏” 状態になってたりね。あのアカウントとか、あのアカウントとか、あのアカウントとか…。

いや、ソレはソレで、こういう活動が重要だという企業もあるし、ソレ自体を否定はしないけれども、でもみんなが、そうせにゃいかんモノでもないだろうに…。なんか、Twitter という場が、企業の「中の人」の一発芸を披露する場みたいな感じになっているというのは否めない。もはや「爆笑レッドカーペット」状態。

でも実は、ソレはまだいい方だよなぁ、と改めて思ったりする。投稿内容決めたり、実際に投稿したり、事後にレポーティングしたりという、いわゆるアカウント運営における一連の作業を、何から何まで全部外部に丸投げしちゃってるケースも多かったりするしね。そして、丸投げした後は follower や fan の推移だったりとか、どれだけ mention あったのかとか、「いいね!」が、どんだけ増えたのかとか、そういう数字 (コレも自分で取った数字じゃなくて丸投げの過程で取らせてるコトが多いわけだけど) だけを見てたりする。

結局、こういうのって未だに変わっていないよなぁ、というのを改めて感じてしまったりするわけで。いや、むしろ今の方が、5 年くらい前とは違って、こういった「丸投げ」を請け負うコトができる vendor や agency が増えているし、増えちゃった挙句に、価格がどんどん下がっている傾向にあるくらいなので、こういう運営しているトコロって、想像以上に多くなっているんじゃないかなぁと。

だって、それこそ「中の人」と「一個人」の境目を、あえて曖昧にするかの如く、いつでもソーシャル メディアに向き合っている状態を作らないコトには、こういうのってしんどさばかりが際立ってしまうし。

いや、もちろん、こういうのを闇雲に否定するわけではないのです。実際アカウント運営ってものすごく手間が掛かるわけで。正直、それくらい手間掛けないと、多分きちんとパフォーマンスは出ないと思うのです。ソレをおカネで解決するというのは、ビジネスとしてスマートなやり方だと思うし、請け負うコトができる vendor や agency が増えるのは、むしろ良いコトだとも思うわけで。

ただ、ソレはもちろん、ソーシャル メディアの特性を十分に理解しているというコト。そして、自分の企業のマーケティング戦略において、ソーシャル メディアを適切にポジショニングできているか、というコト。そして、その上で目的がきちんと伴っているというコトが大前提になってくるのだけれども。

その辺を全くすっ飛ばして、

[情報を広めたい] → [でもカネが無い] → [とりあえずソーシャル] → [後はよろしく]

とか、

[一人でも多くの顧客とつながりたい] → [やっぱりソーシャルだよね] → [後はよろしく]

とかだと、そりゃ KPI だって follower や fan の数くらいにしかならないわけで。

なんというか、ここ 4 – 5 年ほど、結局、このハナシがグルグルと色々なカタチで飛び交っていつつも、現状は何も変わっていないんだなぁ…、というのをあらためて感じた次第。

いや、別に変わらなくったっていいのかもしれないけど、ソレじゃぁ、いつまで経っても “デジタル マーケティング (ホントは、この言い方も好きじゃないけど)” やってるヒトの環境は変わらないと思うわけで。ソレこそ、シゴトの中身もそうだし、ポジションもそうだし…。

というコトを、ふと思ったゴールデンウィーク。たまに休むと、色々と考え事をしてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です