日本も U.S. もあんまり変わらないような気がする、マーケティング活動におけるソーシャル メディアの立場というか位置付け

Pocket
LINEで送る

Forrester Research といえば、U.S. の独立系の tech な調査会社であり、いわゆるソーシャル系をはじめ、デジタル マーケティングに関して非常に強いトコロ、というのは、(少なくとも、この blog を読まれている方々には) あえて記すまでもないとは思うけれども、どうやら、ココが最近 “Benchmark Your North American Social Marketing Efforts” というレポートを出したらしい。

Benchmark Your North American Social Marketing Efforts

もちろん、Forrester が出しているレポートなので、誰もが自由に読めるわけではなく、当然おカネを払うわけだが ($499 だって)、中身はすごーく面白そうだなぁ、というのを、この記事で知ったしだい (つまり、自身も買ってはいない…)。

Marketers Lack Social Budgets, But Investments Growing In 2014

どんなレポートなのか、その中身について、ざっくりと書かれているのだけれども、タイトルにもあるように、North America (特に U.S.) では、今、ソーシャル メディアって (マーケティング的に) どうよ? 的なハナシ。

たとえば「U.S. のソーシャル メディア担当者が、業務として行っているソーシャル メディア関連のタスクは平均で 7.5 ある」というような、いわゆる全般的なデータをはじめ、色々と現場の様子が垣間見えるモノもあったりする。

見てるとなんとなく「日本でも U.S. でも、あまり変わんないのね」的なモノを感じたり。たとえば「Twitter とか Facebook への投稿って、正直効果があるのか見えない、というか多分効果出てないのかもしれないけど、一応やってる (らしい)」とかね。どちらかと言うと、Twitter や Facebook 使うよりは、YouTube 使って動画コンテンツを増やしたりとか、”Branded Blog” を展開する方が、まだ結果に満足しているらしい。ちなみに、そういった “活用企業の満足度” として LinkedIn が結構高かったりするのは、やはり U.S. らしいという感じ。

あと興味深かった、というか「あー、やっぱり日本だけじゃなくて U.S. も変わらんよね」というハナシとして面白かったのが「回答企業の 28% が、”昨年 (2013 年) ソーシャル メディアに対して予算を取っていなかった”」というハナシ。ちなみに 55% の企業は予算を確保していたけれどもマーケティング予算の 10% 未満程度だそうで。まぁ、マーケティング予算の “10% も” ソーシャル メディアに対して確保している企業が日本にどんだけあるんだろう…、なんて思ったりもするけれど。

ただ、さすがに今年、もとい 2014 年は、どこの企業も多少は予算を確保するらしく、77% の企業が新規で予算を確保するなり、これまでの予算を増額させるなり、というコトをしているようで (ひょっとしたら、ただ「増やす (or 新しく確保する)」って言っているだけなのかもしれないけれども…)。

でも一方で、ソーシャル メディアに対する予算を対前年比マイナスにする企業もあったり。コレは、もしかしたら「やってみたけれども効果が出なかった」と見切りを付けた結果なのかもしれないし、あるいは単にマーケティング予算が下がった結果なのかもしれないけれども。あと “現状維持” というのも 2 割弱あったり。

まぁ、このあたり「カネ無くても、何とか出来るでしょ?」って言われて悶々としている担当者の姿が浮かぶようなハナシなのだけれども、コレも日本と U.S. であまり変わらないのかもしれないねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です