メディア接触時間に関する最新データ (U.S. Adults の場合)

Pocket
LINEで送る

色々と調べ物をしていたら、ちょうど U.S. における成人のメディア接触時間に関する最新データが出ていた。コレは毎年 eMarketer が調べて発表しているモノ。

SharesOfTimeSpentPerDayWithMajorMediaByUSAdults

コレを見ていると、まず 2010 年と 2014 年を比べて、そもそもメディアに接触している時間そのものが、1.5 hrs. も長くなっているというのに気付く。2013 年以降は、もう 12 hrs. を超えているから、一日の半分以上は、何らかのカタチでメディアに接触している、というコトになるわけで (まぁ、そりゃシゴトしてる時とか、そういう状態も含むんだろうけど)。

あと、やっぱり大きく目立つのが、Digital が、ここ 4 年くらい、TV/Radio/Print/Other を、それぞれ 1% ちょっとくらい吸い取りながら割合を伸ばしているというトコロ。しかもわかりやすく Mobile に集中しているという感じ。要は、TV/Radio/Print に加えて PC からも可処分時間を吸い取って Mobile がどんどん大きくなっているという感じか。

そりゃ、この前 IAB と PwC が発表した “IAB internet advertising revenue report (2013 full year results)” みたいなハナシにもなるよなと。いや、ネット広告が TV 放送の広告売上を抜いたとか、そういうハナシじゃなくて (実際、CATV 含めたらネット広告はだいぶ少ないし)、ネット広告が (それでも) 急成長している背景にあるモバイル広告市場が大きくなっているという部分で。

しかし、さすがに Print、もとい Magazines/Newspapers は、かなり数字として厳しいモノがあるけれども、TV とか Radio って、まだまだ意外と観られている (聴かれている) んだなぁ、というのが率直な感想。むしろ、そっちの方に、ちょっと驚いていたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です