アタマの中にふと浮かぶコード進行。

Pocket
LINEで送る

このブログのタイトルの下に書いてある、

| Eb | Dm7 | C# | Cm | B | Bbm | A | Abm |

って、わかるヒトにはわかるだろうけれども、コード進行なのです。

ただ、コレが何の曲の、どの部分のコード進行かまで、すぐわかるヒトって、多分、ソレほどは多くないかも。

ちなみに、この曲は Monday 満ちる作曲の “I’m Still Here”。このアルバムに収録されている。

“ROUTES” (Monday満ちる)

以前から、Monday 満ちるの曲は、ものすごく好きで、例えば、コレなんかも、今でもずっと聴き続けてたりする。

“PLAY IT BY EAR” (Monday満ちる)

よくよく考えたら、この曲も

| AMaj7 – G#m7 – | D#m7 – A#m7 – | AMaj7 – G#m7 – | GMaj7 – F#m7 -|

という進行なので、結構似たような進行と言えるかもしれない。ちょうど半音ずつ下がってくるトコロとか大好き。

一時期、音楽をひたすらやり込んでいたせいか (というか、シゴトにしてたわけだが)、コトバで上手く説明のしようがない、ものすごーく抽象的な概念を、なんとなく音に例えてしまうようなコトが今でも結構あったりして。たとえば、プレゼン資料を作り込んでいくにあたって、行き詰まってしまった時、突然ノート (なぜか手書き派) に

| EMaj7 – - – | E7 – - – | AMaj7 – - – | AMaj7 – - – |
| F#m7 – - – | E#onG# – G# – | C#Maj7 – - – | F#m7onB – - – |

こんなコード進行を書き込んでしまったり。で、コレがまた、森高千里の “海まで 5 分” のコード進行だったり。

多分、そのときは、“海まで 5 分” みたいな感じ、というのがアタマの中にあったんだろうなぁ…。後で見返してみても、全くわからないのだけれども (メモってる意味が無い…)。

メモ帳を後で見返すと、なんで書き込んだのかよくわからないコードが 3 つほどバラバラに書きなぐられていたりするコトが結構あったりするし。それらを実際に音に出してみても、ますますわからなくなってしまったりするようなコトもあって、悩むコトしばしば。

毎日のように音楽をやってる頃は、むしろ、あんまり、そういうのを感じなかったあたりが、皮肉というか、なんというか。わからないモノです。はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です