ここ 2 年ほどの森高千里の活動と音楽ビジネスとデジタルマーケティングと、あと色々。

Pocket
LINEで送る

先日のエントリーで、ふと森高千里の “海まで 5 分” のコード進行を出してしまったついでに、ちょっとマジメに森高千里のハナシ。

既に、ご存知の方も多いとは思うのだけれども、自身は森高千里の大ファンなのです。で、その森高千里の活動が、この 2 年くらい、つまりデビュー 25 周年を迎えたのを機に、急に active になってきているのは、ご存知のとおりかと。で、このあたりの “Digital” の使い方なのだけれども、コレがものすごくウマくやっているよなぁ、と思うわけで。意外と触れられていないみたいだけれどもね。

森高千里のデビュー 25 周年活動が本格的に始まったのが、まさにデビュー 25 周年当日の 2012 年 5 月 25 日。この日に、オープンさせたのが YouTube チャンネルFacebook ページGoogle+ ページ、そして Twitter アカウントと、いわゆるソーシャル メディアの主だったモノをひと通り。

で、始めたのが「200 曲セルフカバー企画」。つまり、デビューから (一旦活動を休止する) 1999 年までに発表されたオリジナル曲を 200 曲。全部歌い直して、YouTube に上げ続けるというモノ。というか、200 曲って、ほぼオリジナル全曲になるハズなので、まさにアルバムに収録されていようといまいと構わず全部出て来ちゃってるわけで。

・・・と、コレだけだったら、別に「ふーん…」で終わっちゃうのだろうけれども、ココからさらに色々なコトを仕掛けてきている。まずやったのが、レコチョクで、全シングル曲の着うたフルを期間限定価格で一気に売り出した、というモノ。

そしてレーベルまたいで集めた、シングル A 面の 45 曲を 3 枚組にして発売 (そりゃ、もちろん買ったけど…)。

“ザ・シングルス(通常盤)” (森高千里)

さらに、ソレだけじゃなくって、前述の「200 曲セルフカバー企画」として YouTube に公開されている動画を、それぞれ 1 曲ずつ iTune Store で販売していたりする。全部公式チャンネルから普通に見られるのに (いや、それでも何曲か iTune Store で買っちゃったけどさ…orz)。もう 120 曲以上売られてるのかな。

で、さらにさらに続くのが、この「200 曲セルフカバー企画」の収録の模様を「公開収録」として、ミニライヴにしてしまったというハナシ (いや、もちろん行ったけどさ…)。で、この「公開収録」で撮られたテイクは、もちろん YouTube に公開され、さらに iTune Store で販売され…、となっただけではなく、きっちりと DVD/CD のセットで発売されていたり…。


“森高千里 YouTube公開収録 & Live at Yokohama BLITZ” (森高千里)

いや…、実際会場に行ったにも関わらず、買ってしまったんだけど…orz。

他にも、この「公開収録」の直後だったかな? 絶妙なタイミングでオフィシャル評論集出したりとか…。


“森高千里としか言えない” (小貫 信昭)

で、さすがに、もう終わりだろうと思ったら、またさっきも触れた「200 曲セルフカバー企画」を、今度は DVD としてまとめて売りだしちゃったり…。


“デビュー25周年企画 森高千里 セルフカバー シリーズ ”LOVE”Vol.1 [DVD]” (森高千里)

しかも、コレ、全部で Vol. 4 まで出てるのよ…(いや、買っちゃったけど…orz)。

さらに、過去のライヴを「初映像化」というカタチで、当時のパンフレットの復刻版まで付けて売り出したり…。


“森高ランド・ツアー1990.3.3 at NHKホール[Blu-ray+DVD+3CD+豪華ブックレット+ツアー・パンフ復刻(ミニ・サイズ)+生写真+特大ポスター&大判ポートレート]” (ワーナーミュージック・ジャパン)

で、もちろん、その間には久々にツアー始めたり、イベントやらの露出も多くなったり…、と、着々と復活に成功しているわけで。しかも、(特に復活初期段階は) ほとんどのコミュニケーションを、自分のサイトに加えて、YouTube/Facebook/Google+/Twitter でやっちゃってるから、多分相当コスト掛けずにできているんだろうなぁ、と思うわけで。

しかも、YouTube に公開している「200 曲セルフカバー企画」も、ソレを元に、色々とカタチを変えて複数回のマネタイズ (iTune Store での販売/公開収録のチケット収入/DVD 化での売上/その他…) が出来ているわけだし。

なんというか、パッと見、あんまり目立たないようにも思えるのだけれども、コレほどまでにきちんと “Digital” を “Solution” として使っているケースって、特に音楽 (ビジネス) 方面では見かけないよなぁ…、と思うわけで。

いや、決して (ついついうっかり) おカネを払い続けてしまったから言っているわけではなく…、ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です